2021年2月9日から15日の間、
ホーチミン市Nguyen Hue(グエン・フエ) 通りで開催されるFLOWER STREETには、
在ホーチミン市の各国領事館が自国の花等をイメージした飾り付けをして、訪れる人達に紹介します。



今年、在ホーチミン日本国総領事館のブースでは生花ではなく
「つまみ細工」を日本の花としてベトナムの皆さんに紹介する事になりました。
グエン・フエ通りはホーチミン市のメインストリートであり、
サイゴン川からホーチミン市人民委員会の建物までの670mが歩行者天国になっています。
ベトナムの旧正月 (テト・ホリデー)には、毎年たくさんの人が訪れ、
ベトナムの民族衣装であるアオザイを身に付け、
たくさんの花に囲まれて写真を撮り、正月を祝います。
ここに「つまみ細工」が日本の花として紹介されることは、
ベトナムの方達にもっと広く知ってもらう又とない機会です。

つまみ細工の伝統文化を長く遺していく為には、
日本の中だけでなく、世界で認められることも必要なことです。
舞妓さんは知っていても七五三や成人式につまみ細工を身に付けるという文化は、
海外ではほとんど知られていません。
今回の展示は、つまみ細工をメジャーなカルチャーにするという
私達の理念を実現する為の大きな一歩になると喜んでいます。



今回の展示に関して、ご尽力頂いた在ホーチミン日本国総領事館に心より感謝申し上げます。
そして、ベトナムの旧正月に、
つまみ細工に日本人の親愛の心を込めてベトナムの皆様にお祝い申しあげます。

つまみ細工 一凛堂
一般社団法人つまみ細工協会・教授会