*お知らせ*
淺原先生の各講座締め切りは1週間前となっております。
お早目のご予約を宜しくお願い致します。

 

【季節の特別講座】 初心者の方でも受講頂けます。受講前に【体験講座】を受講して頂く事をお勧めします。
【体験講座】 どなたでも受講頂けます。(※お一人様1回限り)
【フリー講座】 淺原先生の「アドバンス講座」を修了者、またはそれ同等の技術を有する経験者(自己申請)が作品を制作する講座です。
ボンド製法 講座構成
【講座名称】 【講座内容】
ベーシック(BC)1 ボンド製法の基礎講座で「丸つまみ(4課題)」を習得するもの
本講座修了者は「ベーシック2」の受講資格を得る
ベーシック(BC)2 ボンド製法の基礎講座で「剣つまみ(4課題)」を習得するもの
本講座修了者は「アドバンス1」の受講資格を得る
アドバンス(AD)1 ボンド製法の応用講座で「変形つまみ(4課題)」を習得するもの
本講座修了者は「アドバンス2」の受講資格を得る
アドバンス(AD)2 ボンド製法の応用講座で「変形葺き(4課題)」を習得するもの
本講座修了者は「アドバンス・プラス」の受講資格を得る
特別講座または
アドバンス・プラス
❖「特別講座」:BC・AD講座で扱わないモチーフ等の作品制作講座
❖「アドバンス・プラス」:ボンド製法AD修了者対象の技量向上講座
※AD2修了者が次の「講師養成講座」受講資格を得るには、AD修了後に「特別講座」または「アドバンス・プラス」を2講座以上受講修了することを条件とする
講師養成講座
(大雅認定)
AD修了および「特別講座」または「アドバンス・プラス」2講座以上修了者が「大雅オリジナルボンド製法」の講師認定を取得するため、および「協会の講師認定講座」受講資格を取得するための講座
※修了者は「大雅オリジナルボンド製法認定講師」の資格を得る
協会講師認定講座
(協会認定)
「講師養成講座」修了者が「協会講師」認定を取得するための講座
※修了者は「協会認定講師」の資格を得る
協会採用研修 協会認定講師で“協会主催の講座講師”として活躍を希望する者が受講する研修
本研修で講師としての技量があると認められた者は「採用面接」に進む
協会採用面接
(協会講座講師採用)
協会での活動のための各種条件等を確認・調整し、条件が整った場合は“協会主催講座講師”として採用(講師契約を締結)する
※本講座構成は、2019.6以降に設定される講座から適用する
※BC・ADとも、申込時は基本的にA~D(4クラス)のいずれかを選択、都合により他クラス
 (未習課題が実施されるクラス)への振替え可
※BC・ADとも、課題は(1)~(4)までを順次受講するものとする(受講順番の入れ替えは不可)
 

※「淺原大雅の教えるボンド製法」とは。
ボンドに特化した製法ですので、デンプン糊を使用する伝統的製法とは詳細が異なりますが、
ボンドだからできる多様な表現やより高いクオリティを実現できるよう考案されたオリジナルメソッドに基づき、
装身具だけにとどまらない幅広い作品作りに対応できる製法です。

しかし、ボンド製法にはボンド製法の、伝統的製法には伝統的製法の、それぞれの良さがありますので、
作品の多様性を求める方はボンド製法だけにこだわらず、ぜひ伝統的製法もご体験されることをお薦めいたします。


淺原 大雅
***************************************************************************
【特別講座】飛翔鶴の色紙額仕立て①鶴・松作り

  

季節の風物詩をつまみ細工で表現し、色紙や短冊等を使って和風インテリアに仕立てるシリーズ、第5段は吉祥モチーフの「鶴」
「鶴」は丹頂鶴が飛翔している姿を上から捉えたデザイン、同じく吉祥モチーフである「松」と組み合わせた作品を、
今回はボンド製法講座で初めて「羽二重(8匁)」を使用して製作します
仕立ては「色紙額」ですので、飾る場所によって吊るしても立ててもOKです

※「鶴・松作り」と「仕立て」の全2回講座となります。
※「鶴・松作り」・「仕立て」とも各日程より1日を選択してください。
※※「鶴・松作り」は講座時間中にすべての葉が葺き終わらないことが想定されます。
この場合、残りはご自宅での製作となりますので予めご了承ください。

講  師 淺原大雅先生
受講条件 「大雅オリジナル製法」で製作しますが、同製法未経験の方やボンド製法を含めたつまみ細工初心者の方でも受講可能です。
素  材 鶴・松とも羽二重(8匁)を使用します。
なお、色紙と額はサンプルと異なる色柄になることがありますので、予めご了承ください。
所要時間 5時間
開 催 日 12月13日(金)11時00分~17時00分←開講決定
12月19日(木)11時00分~17時00分←開講決定
12月22日(日)11時00分~17時00分←開講決定
12月25日(水)11時00分~17時00分←開講決定
1月20日(月)11時00分~17時00分
1月30日(木)11時00分~17時00分←あと1名で開講可能

※受講は上記のうち1日を選択してください。
講座時間は、昼食他の休憩(約1時間)を含みます
参加費用 ¥8,800(材料費・税込)
遂行人数 2名様以上(遂行人数に達しない場合は休講となります)
持 ち 物 ウェットティッシュ(または濡れタオル)、作品持ち帰り用の箱または袋等(作品を仕立てた色紙寸法:縦14㎝・横12㎝・厚さ約5㎝程度、色紙額寸法:縦22㎝・横20㎝・厚さ4㎜)、筆記用具
※昼食を挟む講座時間となりますので、各自昼食をご用意ください。
お申込み ※定員制(6名様)
・先着順とさせて頂きます
・申込み締め切り:講座開催日の1週間前までとなります。
※12月13日のみ3日前(12月10日締め切り)

※注意事項「講座申込の手順(必読)」をご確認の上で
下記登録フォームよりお申込みください。

《ショッピングサイトを使用しております。
申込みの際に届く通知などがお買い物仕様です。混乱のないよう予めご注意下さい》
【特別講座】飛翔鶴の色紙額仕立て②仕立て

   

季節の風物詩をつまみ細工で表現し、色紙や短冊等を使って和風インテリアに仕立てるシリーズ、第5段は吉祥モチーフの「鶴」
「鶴」は丹頂鶴が飛翔している姿を上から捉えたデザイン、同じく吉祥モチーフである「松」と組み合わせた作品を、
今回はボンド製法講座で初めて「羽二重(8匁)」を使用して製作します
仕立ては「色紙額」ですので、飾る場所によって吊るしても立ててもOKです

※「鶴・松作り」と「仕立て」の全2回講座となります。
※「鶴・松作り」・「仕立て」とも各日程より1日を選択してください。
※「鶴・松作り」は講座時間中にすべての葉が葺き終わらないことが想定されます。
この場合、残りはご自宅での製作となりますので予めご了承ください。

講  師 淺原大雅先生
受講条件 飛翔鶴の色紙額仕立て①鶴・松作りを受講済みの方
素  材 鶴・松とも羽二重(8匁)を使用します。
なお、色紙と額はサンプルと異なる色柄になることがありますので、予めご了承ください。
所要時間 4時間
開 催 日 12月19日(木)11時00分~16時00分←開講決定
12月22日(日)11時00分~16時00分←開講決定
12月25日(水)11時00分~16時00分←開講決定
1月20日(月)11時00分~16時00分
1月30日(木)11時00分~16時00分←あと1名で開講可能
1月31日(金)11時00分~16時00分←開講決定

※受講は上記のうち1日を選択してください。
講座時間は、昼食他の休憩(約1時間)を含みます
参加費用 ¥4,400(材料費・税込)
遂行人数 2名様以上(遂行人数に達しない場合は休講となります)
持 ち 物 ウェットティッシュ(または濡れタオル)、作品持ち帰り用の箱または袋等(作品を仕立てた色紙寸法:縦14㎝・横12㎝・厚さ約5㎝程度、色紙額寸法:縦22㎝・横20㎝・厚さ4㎜)、筆記用具
※昼食を挟む講座時間となりますので、各自昼食をご用意ください。
お申込み ※定員制(6名様)
・先着順とさせて頂きます
・申込み締め切り:講座開催日の1週間前までとなります。

※注意事項「講座申込の手順(必読)」をご確認の上で
下記登録フォームよりお申込みください。

《ショッピングサイトを使用しております。
申込みの際に届く通知などがお買い物仕様です。混乱のないよう予めご注意下さい》
***************************************************************************
【体験】丸つまみで作る小花 のクリップ 

基本の丸つまみ・剣つまみを組み合わせた作品の製作を行います。
講師 淺原大雅先生
素材 『一越ちりめん』で創ります。(お色選べます)
開催日 12月19日(木)11時00分~13時00分
12月19日(木)14時00分~16時00分
12月21日(土)11時00分~13時00分
2020年1月16日(木)11時00分~13時00分
2020年1月16日(木)14時00分~16時00分
2020年2月6日(木)11時00分~13時00分
2020年2月6日(木)14時00分~16時00分
参加費用 ¥4,320(税込)※教材費含
持ち物 ウェットティッシュ・筆記用具・作品持ち帰り用の箱(またはタッパー等)
お申込み ※定員制(6名)
・先着順とさせて頂きます。

※おひとり様、受講は1回のみ
注意事項「講座申込の手順(必読)」をご確認の上で

下記登録フォームよりお申込みください。

《ショッピングサイトを使用しております。
申込みの際に届く通知などがお買い物仕様です。混乱のないよう予めご注意下さい》
***************************************************************************

ボンド製法つまみ細工【ベーシック講座】第2期

 

「ベーシック講座」は『ボンド製法つまみ細工』の基礎を習得いただくための入門講座です。
この講座は「ベーシック1」と「ベーシック2」の2講座からなり、各講座の概要は以下のとおりです。
(※『ボンド製法つまみ細工』の各講座は2019.5以降新たな構成に見直しされています。)
☆ベーシック1(BC1) 基本の「丸つまみ」4課題を通して“つまみ方と葺き方の8技術”を習得していただきます。
☆ベーシック2(BC2) 基本の「剣つまみ」4課題を通して“つまみ方と葺き方の6技術”を習得していただきます。
「BC1」・「BC2」とも“1回・1課題×4課題=計4回”の受講となります。
「BC1」・「BC2」ともそれぞれ4クラス(A~D)が設定されていますので、その中からご自分のご都合に合ったクラスを選択し受講いただきます。
なお、受講は「BC1」からとなります。「BC1」を修了された後「BC2」へお進みいただけます。

【受講に当たっての注意事項等】
「BC1」・「BC2」とも、履修していただく4課題は(1)から順次(4)まで受講いただきます。(課題の受講順番は変更できません。)
「BC1」を修了された方のみ「BC2」の受講に進むことができます。(「BC2」からの受講はできません。)
「BC1」・「BC2BC2」ともAからDまで4クラスが設定されていますので、ご自分のご都合と照らし申込時に受講クラスを選択してください。基本的に選択されたクラスの講座日程にて受講いただきます。
この講座では「レシピ」等の資料は配布いたしません。代わりに毎回「受講メモ用紙」をお渡しし、ホワイトボードや口頭で説明した内容はご自身でメモいただく方法をとっていますので、受講条件として予めご了承ください。
なお、受講開始以降受講者の都合により受講を途中でお辞めになる場合、未受講分の返金は致しかねます。また、お申し込み入金後から受講開始までの間にキャンセルされた場合は、キャンセル理由のいかんに関わらず返金手数料をご負担いただきますので、いずれも予めご了承の上お申し込みください。
※万一の不測の事態により選択クラスでの受講が困難となった場合は、その未履修課題が実施される他クラスに定員の空きがある場合に限り振替受講が可能です。
振替受講が不可な場合は、別途「補講」(補講料がかかります)を受けていただくこととなりますので、予めご了承ください。

ベーシック1(BC1):基本の「丸つまみ」4課題(8技術)

 

(上の画像は講座課題の作品イメージです。製作いただく作品の仕様はイメージとは異なることがありますのでご了承ください)
講座内容 「ベーシック」講座は、作品作りを楽しんでいただくというより“ボンド製法つまみ細工の基本技術・基本知識を習得”していただくことを主眼とした講座になります。
(1) 丸つまみ・一重・平一段葺き
〔製作作品:6花弁小花〕
(2) 丸つまみ・二重・花弁変形(桔梗型)・平一段葺き
〔製作作品:桔梗または水仙〕
(3) 丸つまみ・一重・花弁変形(桜型)・平二段葺き
〔製作作品:八重桜〕
(4) 丸つまみ・一重・花弁変形(裏返し)・ワイヤー直葺き
〔製作作品:桜のつぼみ〕
受講条件 初めての方からOK 
講座日程
BC1 Aクラス開講決定! Bクラス開講決定! Cクラス Dクラス
1回目 11月5日(火) 11月6日(水) 11月2日(土) 11月10日(日)
2回目 11月19日(火) 11月20日(水) 11月16日(土) 11月24日(日)
3回目 12月3日(火) 12月4日(水) 12月7日(土) 12月8日(日)
4回目 12月17日(火) 12月18日(水) 12月21日(土) 12月22日(日)
   
講座時間  毎回 11時00分~13時30分
(1回・1課題あたり2時間30分)
  ※2019.7時点の講座設定時間です。
諸事情により変更されることがありますが、その節は事前にお知らせします。
   
持ち物 ウェットティッシュまたは濡れタオル、A5版程度のカッターマット、筆記用具、作品持ち帰りの箱やタッパーウェア等(目安:縦横はA5版・高さが6~7㎝程度のモノ)
※必要な道具類は主催者が用意しますが、ピンセットなど使い慣れた物の方がよろしい方はご持参ください。
参加費用 ¥20,000(4回分一括、材料費・税込)
お申込み ※定員制
※クラスにより受講定員が異なります。(2019.6現在)
Aクラス(基本的に火曜日)とDクラス(基本的に日曜日)は定員6名
Bクラス(基本的に水曜日)とCクラス(基本的に土曜日)は定員6名
なお、各クラスの定員は見直しされることがあります。

・先着順とさせて頂きます
・申込み締め切り:各クラス初回の1週間前まで
※注意事項「講座申込の手順(必読)」をご確認の上で
下記登録フォームよりお申込みください。

《ショッピングサイトを使用しております。
申込みの際に届く通知などがお買い物仕様です。混乱のないよう予めご注意下さい》
ベーシック2(BC2) :基本の「剣つまみ」4課題(6技術)

 

(上の画像は講座課題の作品イメージです。製作いただく作品の仕様はイメージとは異なることがありますのでご了承ください)
講座時間 毎回 11時00分~13時30分
(1回・1課題あたり2時間30分)
※2019.5時点の講座設定時間です。
諸事情により変更されることがありますが、その節は事前にお知らせします。
講座内容 「ベーシック」講座は、作品作りを楽しんでいただくというより“ボンド製法つまみ細工の基本技術・基本知識を習得”していただくことを主眼とした講座になります。
(1) 剣つまみ・一重・平一段葺き〔製作作品:12枚花弁の小花〕
(2) 剣つまみ・二重・平一段葺き〔製作作品:10枚花弁の小花〕
(3) 剣つまみ・一重・平二段葺き〔製作作品:12枚花弁二段の小花〕
(4) 剣つまみ・一重・花弁変形(裏返し)・ワイヤー直葺き〔製作作品:三つ葉〕
受講条件 ベーシック1(BC1)を修了済みの方
講座日程
BC2 Aクラス Bクラス Cクラス Dクラス
1回目 1月7日(火) 1月15日(水) 1月25日(土) 1月26日(日)
2回目 1月21日(火) 1月29日(水) 2月1日(土) 2月2日(日)
3回目 2月4日(火) 2月5日(水) 2月22日(土) 2月23日(日)
4回目 2月18日(火) 2月19日(水) 3月7日(土) 3月1日(日)
   
持ち物 ウェットティッシュまたは濡れタオル、A5版程度のカッターマット、筆記用具、作品持ち帰りの箱やタッパーウェア等(目安:縦横はA5版・高さが6~7㎝程度のモノ)
※必要な道具類は主催者が用意しますが、ピンセットなど使い慣れた物の方がよろしい方はご持参ください。
参加費用 ¥20,000(4回分一括、材料費・税込)
お申込み ※定員制
※クラスにより受講定員が異なります。(2019.6現在)
Aクラス(基本的に火曜日)とDクラス(基本的に日曜日)は定員6名
Bクラス(基本的に水曜日)とCクラス(基本的に土曜日)は定員6名
なお、各クラスの定員は見直しされることがあります。

・先着順とさせて頂きます
・申込み締め切り:各クラス初回の1週間前まで
※注意事項「講座申込の手順(必読)」をご確認の上で
下記登録フォームよりお申込みください。

《ショッピングサイトを使用しております。
申込みの際に届く通知などがお買い物仕様です。混乱のないよう予めご注意下さい》
***************************************************************************
ボンド製法つまみ細工【アドバンス講座】



「アドバンス講座」は『ボンド製法つまみ細工』の基礎(BC講座)を修了された方が更なる技術・知識の向上を目指していただく講座です。
この講座は「アドバンス1」と「アドバンス2」の2講座からなり、各講座の概要は以下のとおりです。

(※『ボンド製法つまみ細工』の各講座は2019.5以降新たな構成に見直しされています。)
☆アドバンス1(AD1) BC講座で習得した基本のつまみ方以外にもバリエーションを広げていただくことを主眼に、4課題を通してつまみ方の応用技術・知識を習得していただきます。
☆アドバンス2(AD2) BC講座で習得した基本の葺き方以外にもバリエーションを広げていただくことを主眼に、4課題を通して葺き方の応用技術・知識を習得していただきます。
「AD1」・「AD2」とも“1回・1課題×4課題=計4回”の受講となります。
「AD1」・「AD2」ともそれぞれ4クラス(A~D)が設定されていますので、その中からご自分のご都合に合ったクラスを選択し受講いただきます。
なお、「AD1」から受講して「AD2」へと進んでいただきますが、「AD1」は「AD2」を修了された方または担当講師の講座をカルチャー等の他箇所で半年以上受講実績のある方のみが受講できます。

また、「AD2」を修了されますと、「アドバンス・プラス(AD+)」または「特別講座」の受講を経て「講師養成研修」講座の受講資格を得ることができます。

【受講に当たっての注意事項等】
「AD1」・「AD2」とも、履修していただく4課題は(1)から順次(4)まで受講いただきます。(課題の受講順番は変更できません。)
「AD1」を修了された方のみ「AD2」の受講に進むことができます。(「AD2」からの受講はできません。)
「AD1」・「AD2」ともAからDまで4クラスが設定されていますので、ご自分のご都合と照らし申込時に受講クラスを選択してください。基本的に選択されたクラスの講座日程にて受講いただきます。
この講座では「レシピ」等の資料は配布いたしません。代わりに毎回「受講メモ用紙」をお渡しし、ホワイトボードや口頭で説明した内容はご自身でメモいただく方法をとっていますので、受講条件として予めご了承ください。
なお、受講開始以降受講者の都合により受講を途中でお辞めになる場合、未受講分の返金は致しかねます。また、お申し込み入金後から受講開始までの間にキャンセルされた場合は、キャンセル理由のいかんに関わらず返金手数料をご負担いただきますので、いずれも予めご了承の上お申し込みください。
※万一の不測の事態により選択クラスでの受講が困難となった場合は、その未履修課題が実施される他クラスに定員の空きがある場合に限り振替受講が可能です。
振替受講が不可な場合は、別途「補講」(補講料がかかります)を受けていただくこととなりますので、予めご了承ください。

アドバンス1(AD1):つまみ方応用バリエーション4課題



(上の画像は講座課題の作品イメージです。製作いただく作品の仕様はイメージとは異なることがありますのでご了承ください)
講座内容 「アドバンス」講座は、「ベーシック」講座で習得した基本技術・知識を基に“それを応用したつまみ方・葺き方バリエーションを増やす”ことを主眼とした講座になります。
(1) 剣つまみ応用
(2) 変形つまみ
〔製作作品:西洋バラ〕
(3) 丸つまみ応用
〔製作作品:丸バラ〕
(4) 変形つまみ
〔製作作品:丸ひだ小花〕
受講条件 『BC2』まで修了された方または担当講師の講座をカルチャー等の他箇所で半年以上受講実績のある方のみ
講座日程
AD1 Aクラス開講決定! Bクラス Cクラス開講決定! Dクラス
1回目 11月5日(火) 11月6日(水) 11月2日(土) 11月10日(日)
2回目 11月19日(火) 11月20日(水) 11月16日(土) 11月24日(日)
3回目 12月3日(火) 12月4日(水) 12月7日(土) 12月8日(日)
4回目 12月17日(火) 12月18日(水) 12月21日(土) 12月22日(日)
講座時間 毎回 14時00分~16時30分
(1回・1課題あたり2時間30分)
※2019.6時点の講座設定時間です。
諸事情により変更されることがありますが、その節は事前にお知らせします。
持ち物 ウェットティッシュまたは濡れタオル、A5版程度のカッターマット、筆記用具、作品持ち帰りの箱やタッパーウェア等(目安:縦横はA5版・高さが10㎝程度のモノ)
※必要な道具類は主催者が用意しますが、ピンセットなど使い慣れた物の方がよろしい方はご持参ください。
参加費用 ¥24,000(4回分一括、材料費・税込)
お申込み ※定員制
※クラスにより受講定員が異なります。(2019.6現在)
Aクラス(基本的に火曜日)とDクラス(基本的に日曜日)は定員6名
Bクラス(基本的に水曜日)とCクラス(基本的に土曜日)は定員6名
なお、各クラスの定員は見直しされることがあります。

・先着順とさせて頂きます
・申込み締め切り:各クラス初回の1週間前まで
※注意事項「講座申込の手順(必読)」をご確認の上で
下記登録フォームよりお申込みください。

《ショッピングサイトを使用しております。
申込みの際に届く通知などがお買い物仕様です。混乱のないよう予めご注意下さい》
アドバンス2(AD2) :葺き方応用バリエーション4課題+髪飾りの仕立て方

 

(上の画像は講座課題の作品イメージです。製作いただく作品の仕様はイメージとは異なることがありますのでご了承ください)
講座時間 毎回 14時00分~16時30分
(1回・1課題あたり2時間30分)
※2019.7時点の講座設定時間です。
諸事情により変更されることがありますが、その節は事前にお知らせします。
講座内容 アドバンス」講座は、「ベーシック」講座で習得した基本技術・知識を基に“それを応用したつまみ方・葺き方バリエーションを増やす”ことを主眼とした講座になります。
(1) 丸つまみの紐直葺き〔製作作品:藤下がり〕
(2) 丸つまみの半くす寄せ葺き〔製作作品:寄せ葺き桔梗〕
(3) 丸つまみの半くす段葺き〔製作作品:丸の段菊〕
(4) 剣つまみの半くす段葺き〔製作作品:剣の段菊〕+髪飾りの仕立て方〕
受講条件 アドバンス1(AD1)を修了済みの方
講座日程
AD2 Aクラス Bクラス Cクラス Dクラス
1回目 1月7日(火) 1月15日(水) 1月25日(土) 1月26日(日)
2回目 1月21日(火) 1月29日(水) 2月1日(土) 2月2日(日)
3回目 2月4日(火) 2月5日(水) 2月22日(土) 2月23日(日)
4回目 2月18日(火) 2月19日(水) 3月7日(土) 3月1日(日)
持ち物 ウェットティッシュまたは濡れタオル、A5版程度のカッターマット、筆記用具、作品持ち帰りの箱やタッパーウェア等(目安:縦横はA5版・高さが6~7㎝程度のモノ)
※必要な道具類は主催者が用意しますが、ピンセットなど使い慣れた物の方がよろしい方はご持参ください。
参加費用 ¥24,000(4回分一括、材料費・税込)
お申込み ※定員制
※クラスにより受講定員が異なります。(2019.6現在)
Aクラス(基本的に火曜日)とDクラス(基本的に日曜日)は定員6名
Bクラス(基本的に水曜日)とCクラス(基本的に土曜日)は定員6名
なお、各クラスの定員は見直しされることがあります。

・先着順とさせて頂きます
・申込み締め切り:各クラス初回の1週間前まで
※注意事項「講座申込の手順(必読)」をご確認の上で
下記登録フォームよりお申込みください。

《ショッピングサイトを使用しております。
申込みの際に届く通知などがお買い物仕様です。混乱のないよう予めご注意下さい》

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


講師:淺原 大雅

インスタグラム:https://www.instagram.com/taiga.asahara/
ブログhttps://ameblo.jp/tempesta2000/

◆2010年よりつまみ細工を始め、糊起き製法の手間を省略するオリジナルボンド製法を独自に制作確立。
このオリジナルボンド製法は、でんぷん糊を使用する製法に比較すると・・・
︎つまみ細工パーツ(花弁など)の作り置きが出来るため、”つまむ”〜”葺く”までの作業を一気に完成させる必要がない。
︎ボンドの使い方によってさまざまな表現が可能(同じボンドを使用する他作家様の製法とも大きく異なり、作品用途や表現したいテイストに合わせたボンドの使い方も数種確立している)ことなどから・・・。
◎初心者でも手軽に取り組め、◎短時間ずつでも製作に向き合える、◎作品表現の幅が広いなどの特徴。

◆このオリジナルボンド製法で2015年から本格的に講師・作家活動を開始。

◆2016年に自らの工房・工芸教室を開設するとともに、カルチャースクール(「よみうりカルチャー」「(株)カルチャー」他)からも講師要請を受け、2017年現在7店舗にてつまみ細工講座の講師を務める。
◆作家活動としては、2016年の産業見本市で行われた大手舞台装置会社の製品宣伝パフォーマンスに使用するダンスコスチュームアクセサリーとして作品を提供する他、ダンスカンパニーからの要請によるコスチュームアクセサリーのデザイン・製作も数多く手がけている。
一般的な作品はカルチャー主催展示即売会や工房でのオーダー受注により販売を行っている。

◆つまみ細工の他、木目込み人形の教授免許、カラーコーディネーター3級の資格を持ち、木目込み工芸由来の布の知識、カラーコーディネーターによって培った色の知識、これらを活かすとともに理系男子ならではの理論的解説を加味した分かりやすい講義が身上。





つまみ堂サイト